働きながら 「実務者研修修了者」になって 

 介護のお仕事に自信を持ってやってみませんか?

 

 

実務者研修とは・・・?

  

  将来、介護職員全員が介護福祉士である事と言う国の目標があります。

 実務者研修は、医療的ケアの分野にもスムーズに移行出来るような

 カリキュラムの内容が入っております。

 

 すずらん介護福祉学院は、働きながら受講しやすい通信講座。

 全日程6か月。自宅学習+通学講座(10日)。また医療的ケアにスムーズに

 移行できるように、「身体に関する特別無料講座」が2日間含まれます。

 現場に支障のない範囲で通学し、喀痰吸引や経管栄養など医療的ケアの

 実習も習得します。

  *修了者は、介護福祉士国家試験の2次試験の実技試験が免除。

  *訪問介護や訪問入浴でのサービス提供責任者になれます。

   

  

  ☆実務者研修の詳細や日程については、リンク前のホームページに記載して

   あります。ご確認ください。

 

 

 

介護福祉士国家試験での実技試験免除は

12月末日で「実務者研修修了者」が対象

受講開始「7月中の受講生」までです

 1 月に介護福祉士国家試験を受験される方で、前年の12月末日までに「実務者研修」を修了した方は、実技試験が免除になります。

実技試験免除の手続きの仕方は?

前年度までの「公益財団法人 社会福祉振興・試験センター」の発行する

「介護福祉士国家試験」の「受験の手引き」を参考にお伝えしていきます。

 

 毎年、7月中旬ごろ、官報に介護福祉士国家試験の事が掲載される日に

「受験の手引き」の発送が始まります。

以前までは、個人で何冊か7取り寄せが出来ましたが、平成28年度より本人分のみしか

取り寄せできなくなりました。

学院では、受講生配布用に多めに用意しています。

例年8月初めから9月初めに受験の申し込みを簡易書留で行います。

 

*詳しくは、「公益財団法人 社会福祉振興・試験センター」のホームページを

 ご覧ください。

 

 

パターン別での手続きの違いについて

<受講修了者の方 ①>

(初めて受験する方や、過去に受験した際に「実務者研修修了証明書」を提出しなかった方の場合)

「公益財団法人 社会福祉振興・試験センター」より介護福祉士国家試験『受験の手引き』を取り寄せます。『受験の手引き』に則り、受験申込書を作成し、添付書類として「実務者研修修了証明書」(実務者研修コード:5ケタの英数字で記載しているのものを一緒に提出してください。)

また、受験申込書、受験用写真等確認票等に「実技試験の免除」と言う項目がありますので、チェック等の記入漏れに気を付けましょう。

(*当学院においては、実務者研修修了証明書のほかに、受験申込書に添付する為の実務者研修コードの入った修了証明書も発行しています。)

 

<受講修了者の方 ②>

(過去に受験されている方で、実務者研修修了証明書を提出した方)

『受験の手引き』に則り、受験申込書に「過去試験時に、修了証明書を提出した」

にチェックをし、受験用写真等確認票の「実技試験免除確定済申出書」にもチェックしてください。(前年度までの方針で行くと、再度、修了証明書等の提出はしていません。)

 

 

<現在、受講中の方>

上記同様『受験の手引き』を取り寄せます。

『受験の手引き』に則り、書類を作成しますが、「実技試験の免除」と言う項目の中に「申込後、研修を修了する予定」等にチェックをしてください。

また、受験用写真等確認票の「実技試験免除の場合」の項目の

「実務者研修修了見込証明書」(受験申込時に修了見込の方)にチェックし

研修機関に『実務者研修修了見込証明書』の発行手続きを行い、添付してください。

(*「実務者研修修了見込証明書」につきましては、受験資格を満たし、受験される方のみが必要な書類となります。

 受講中であっても受験資格を満たしていない方には、発行いたしません。)

 

 

今、頑張っている受講生の現状報告・・・

匝瑳教室の受講生
匝瑳教室の受講生

 

「医療的ケア」の講義の風景です。

 

 演習に入るための必要な知識や

 再度通信で学んでいる大切な部分を

見直します。質疑応答も随時行って

います。先生が優しいので受講生も

集中して受講しています。

 

 

演習の風景。。。みんな初めは「どっきどき」でしたー!

シミュレーター(名前はQちゃん)を使っての演習ですが、セッシ(ピンセット)の使い方から、カテーテルの清潔な持ち方、不潔な持ち方。。。

意識しながら、手を動かしているけど、何か違う!!!

皆で「手順」の用紙を見ながら頑張りました。

最後は、皆笑顔で終了し、涙涙の方も居ました。

 

達成感は、物凄いものであったようです。

 

修了式後は、名残惜しいのか、なかなか帰らずにおしゃべりに花が咲いています。

 

毎年、回想法も成田教室で行っているので「日程決まったら連絡してね!絶対行くから!」と笑顔で帰った一幕もありました。